指定流通機構 レインズ

指定流通機構(レインズ)とは

レインズ

 

不動産業者だけがアクセスできる指定流通機構(レインズ)というものがあります。
レインズはREAL ESTATE INFORMATION NETWORK SYSTEM(不動産流通標準情報システム)の略称です。

 

レインズは不動産流通機構が運営しており、全国に4つあります。
これは不動産情報をスムーズにやりとりするためのコンピュータ・ネットワーク・オンラインシステムです。

 

土地や建物などの不動産を売買したい人は、まず不動産業者(宅地建物取引業者)にと媒介契約を結びます。

 

専任媒介契約や専属専任媒介契約を結んだら、その不動産会社にしか売却を依頼できない代わりに、指定流通機構(レインズ)に物件情報を速やかに登録して、すべての不動産会社に情報を公開しなければならないことになっています。

 

不動産業者が売り手と買い手の両方から仲介手数料を得るために、不動産情報を隠して独占することがあるのです。
売却を依頼された不動産会社が、情報を隠して独占することは法律で禁じられており、それを防ぐために一定期間内にレインズに情報を掲載することが決められています。

 

レインズによって、煩雑だった不動産売買がかなりスムーズに出来るようになりました。

 

 

トップページ > 家を1番高く買い取ってくれる不動産屋を簡単に見つける方法