家 買取り 競売

不動産の競売

家 売却 競売

 

住宅ローンの返済が滞るとその後、どうなるか知っていますか?

 

金融機関、いわゆる銀行などで住宅ローンの契約すると、抵当権も契約内容に入れられます。

 

抵当権は「もし将来住宅ローンの支払いが出来なくなった時は、お金を貸した金融機関が土地と家を優先的に取り上げることができる」という契約なのです。

 

抵当権で家を取られて売りに出されても、借りたほうは一切文句が言えません。
そしてこの抵当権は住宅ローンか完済された時に初めて抹消されます。

 

ということは抵当権が抹消されるまでは、家も土地も銀行のものであるということが言えますね。
抵当権は法務局に届け出をします。

 

住宅ローンが3カ月以上滞納されますと、銀行は「競売」の手続きに動き始めます。

 

競売とは住宅ローンの滞納を理由に金融機関が裁判所に申し立てをすることで、家と土地を強制的に売りに出して現金化して住宅ローンの返済に充てるシステムのことです。家を簡単に売ってしまうことができるシステムなのです。

 

競売で売られた不動産の価格が、住宅ローンの残りの金額よりも多ければ問題はありません。

 

しかし売った金額がローンの残りの金額よりも足りない場合は、その足りなかった分は返済しなければならないのです。
つまり家を売ったにもかかわらず、問題が解決しないのです。

 

家は無くなったのに住宅ローンは残るなんて、非常に口惜しく残念な話ですね。

 

そうならないためにも、住宅ローンが払えないと感じたら早めに銀行に相談に行って、任意売却の方向で売ることが出来ないか話合ってみましょう。