専任媒介契約

専任媒介契約とは

専任媒介契約

 

土地や家などの不動産を売りに出す際はまず、不動産業者を探して契約を行います。
この時の媒介契約には、専任媒介契約と一般媒介契約とがあります。

 

どちらで契約するか決めなければなりません。

 

このうち専任媒介契約というのは、1つの不動産業者だけに仕事を依頼するもので他の業者と重複できない契約となります。
この契約をした場合は不動産を売る相手を探すことができるのは、依頼者本人と専任業者のみです。

 

メリットは、専任業者は他社にお客を取られる心配がないので、営業努力が無駄になるリスクがありません。
ですから不動産を買いたい顧客に対して積極的にアプローチしてくれるという点です。

 

専属の契約は不動産業者にもメリットが大きいですから、広告費をかけやすいのです。
他社との競合がある契約の場合は、せっかく営業しても契約を奪われるかもしれないと思い、どうしても親身になりにくいのだそうです。

 

そして専任媒介契約をした業者は物件の登録を契約締結日から7日以内に行ったり、業務の状況についての報告を2週間に1回以上行うなど、迅速な対応とこまめなケアを要求されます。

 

細かい報告は大変ですが、宅建業者にとってのメリットも依頼者のメリットも大きいため、専任媒介契約をしている方は多いです。