一般媒介契約

一般媒介契約

一般媒介契約

 

不動産を売りに出すとき、複数の宅建業者に仕事を依頼する場合を「一般媒介契約」と言います。
1社だけにお願いして契約する「専任媒介契約とは真逆ですね。

 

専任媒介契約と何が違うのでしょう?

 

一般媒介契約は依頼主が複数の業者に仕事を依頼することで、不動産販売の窓口が拡がるというメリットがあります。
最初は専任媒介契約だったけど、なかなか家が売れないので複数の業者に依頼することにしたというケースがあります。

 

専任媒介契約は独占的にその不動産の媒介をできますが、一般媒介契約はそうでないため業者間で物件を共有しています。

 

もちろんメリットばかりではありません。

 

一般媒介契約のデメリットは、専任媒介契約の時ほど宅建業者のやる気がでないということです。
自分が営業している最中に別の業者に取られるということもあるため、広告費をかけてまでは活動しにくいという面があります。

 

しかし複数の業者で扱われることで多くの人の目につきやすいというメリットもあります。

トップページ > 家を1番高く買い取ってくれる不動産屋を簡単に見つける方法