土地家屋調査士 仕事

土地家屋調査士の仕事

土地家屋調査士

 

不動産売買の際にお世話になる可能性が土地家屋調査士。
どんな仕事をする人なのか知っていますか?

 

土地家屋調査士の仕事は、依頼を受けた不動産の表題登記を行うために必要な測量をした後、図面を書き、登記申請書を書いて登記手続きを行うことです。

 

不動産(土地や建物)の面積や形状、所在や状況などの状態をあらわすための「表題登記」のために、対象になる不動産の調査や測量に出かけます。
土地の境界杭の位置の確認や、面積の測量、境界杭を定める交渉なども行ってくれる人なのです。

 

これら測量したものをきちんと図にして、登記申請書とともに法務局に提出します。
これで不動産の表題登記を申請することができるのです。

 

土地家屋調査士は、土地家屋調査士法に基づく国家資格で合格率が例年3〜7%という難しい資格です。

 

土地家屋調査士は不動産の表示に関する登記の専門家で、独占業務として認められるものです。

 

 

 

トップページ > 家を1番高く買い取ってくれる不動産屋を簡単に見つける方法