不動産 買取 査定

不動産の買取査定で高く家を売る方法

不動産 買取

不動産 買取 査定

家 査定

不動産と家の買取り査定

 

今まで大事にメンテナンスをしながら使ってきた自宅だからこそ、高く買取査定してもらいたいですね。

 

今ではたくさんの不動産屋さんがありますので、正直どこがいいのか迷ってしまうと思います。手当たり次第に不動産屋に電話連絡して査定しいては時間がかかりすぎてもったいないですね。

 

でも、たくさんの査定をもらえた方が結局高く買い取ってもらえるチャンスは増えるものです。

 

優良なところに不動産を高く売りたいなら、不動産一括査定が一番いいと思います。

 

入力情報は簡単で約1分で、1000社以上の優良不動産屋から最大6社から査定を受け取ることが出来ます。

 

大きなの不動産の会社から地元で実績のある経験豊かな会社まで、で、日本最大級の不動産一括査定です。

 

1社ずつ連絡していては大変ですのでまずは一度査定を依頼してみるとおおよその値段を把握することもできます。
この方法なら最高値で買取ってくれるところもすぐにわかってしまいます。

 

不動産買取査定

 

 

 

知っておきたい豆知識

土地の価値は用途地域で変化する

 

土地の価値は大きさだけでは推し量れません。
同じ広さの土地でも繁華街と住宅街とでは土地の価値にはかなり差があります。
ほかにも敷地の形や道路の状況、周辺環境などで大きく変わります。

 

そして建ぺい率も考慮しなければなりません。

 

土地があるからといって目一杯の広さで建物を建てることは出来ないのです。
土地によって建ぺい率や容積率というものが決められており、敷地面積に対して建てて良い建物の面積の割合が決められているのです。これは土地の用途(用途地域)によって違います。

 

用途地域は都市計画法で定められており土地の用途が混在するのを防止するのが目的です。土地の利用方法を定めるもので全部で12種類があります。用途地域は約5年に1回見直しがあります。

 

@第一種低層住居専用地域 A第二種低層住居専用地域
B第一種中高層住居専用地域 C第二種中高層住居専用地域
D第一種住居地域 E第二種住居地域F準住居地域
G近隣商業地域 H商業地域 I準工業地域
J工業地域 K工業専用地域

 

こちらの12種類になります。

 

小さい建物しか建てられない土地よりも大きな建物を立てられる土地の方が当然価値が高く高値で取引されています。
また最寄り駅から近い、買い物や病院が充実しているなど便利な環境にある土地は人気が高く土地の価値も高くなります。

 

このように土地の価値は広さだけでは推し量ることができないものなのです。

 

自宅の相場を査定してもらうのに便利なのはこちら